MENU

こんな高血圧には要注意!

高血圧は、様々な恐ろしい病気に繋がるものとして知られていますね。でも実は、同じ高血圧の中でも特に脳卒中になるリスクが大きいと言われているものがあるのです。それが、「仮面高血圧」と言われているもの。

 

ここでは、この恐ろしい仮面高血圧についてお話をしていきましょう。

仮面高血圧って何?

家庭の測定器で測ると正常なのに、病院で測ると高血圧になってしまう…。こんな話、聞いたことがある人は多いでしょう。

 

仮面高血圧は、その逆のパターンです。病院では正常値と判断されるのに、家庭で測定すると数値が高くなってしまうというもの。このケースは、健康診断だけで自分の血圧状態をチェックしている人も多いため、自分が高血圧になっていると分かりにくく、非常に危険なものとされています。

 

この仮面高血圧、主に早朝の起きた時や夜間に血圧が高くなりがちな人に多く見られるものです。病院ではどうしても日中に測定することになるため、このタイプの高血圧はなかなか発見されにくいといえます。

 

また、仕事で大きなストレスを抱えている人の場合、仕事中だけ高血圧になっているということもあるので注意が必要です。

仮面高血圧を早い段階で判断するために…

病院で測定しても標準値が出てしまう、仮面高血圧。
じゃあどうすれば早期発見に繋げられるのでしょうか。

 

答えは簡単です。
家庭用の血圧測定器を使って、毎日様々な時間帯に血圧を測定する習慣をつけましょう。特に朝起きたときと夜に測る習慣をつけるだけで、仮面高血圧に気付かないということを防ぎやすくなります。

 

また、仕事などで強いストレスを感じていると心当たりがある人は、手軽に持ち歩けて外出先でも簡単に測定できる小型タイプの測定器を使うと良いでしょう。それを使って、仕事中の休憩時間などに測定をしてみてください。これでもし血圧が高い数値であれば、仮面高血圧の可能性もあるのですぐに専門医の診断を受けるようにしてみましょう。