MENU

こんな人は高血圧になりやすい…?

様々な病気に発展する可能性があり、危険視されている高血圧。
一体どのような人が、高血圧になりやすいと言われているのでしょうか。

 

ここでは、高血圧になりやすいタイプの人をご紹介します。

食塩の摂取量が多い人

ご飯のおかずとして、またはおつまみとして…。
つい、味付けの濃い食べ物を食べ過ぎてしまってはいませんか?

 

日本人の多くは、食塩摂取量が多いことが原因となって高血圧になると言われているのです。食塩を摂取しすぎると、血中の塩分濃度が高まります。こうなると、血中塩分濃度を薄めようと体内の水分が血液に集中してしまうのです。このため、体内の血圧が高くなることになってしまいます。

遺伝的に高血圧になりやすい体質の人

日本人で高血圧になってしまう人のうち半数は、遺伝的に高血圧になりやすい体質を持っていたため、高血圧になってしまったと言われているようです。そのため、このように高血圧になりやすい体質である人は、特に注意しなければなりません。

 

もし、自分の血縁関係の人に高血圧を患っている人がいる場合は、自分も高血圧になる可能性があると思って注意していくようにしましょう。日頃からサプリメントで健康に気をつけたり、生活習慣を見直してみることが重要となります。

内臓脂肪型の肥満の人

特に男性に多いと言われているのが、内臓脂肪型の肥満が原因で高血圧になるというパターンです。内臓脂肪が増えることによって、インスリンの働きが低下するため、膵臓からより多くのインスリンが分泌されるようになります。

 

しかし、インスリンは一方で塩分の排泄を阻害する働きを持っているため、過剰分泌されてしまうと塩分が上手く排泄されなくなってしまうのです。その結果、血中の塩分濃度が上昇し、高血圧に繋がってしまいます。

 

 

このように、以上の人が特に高血圧になりやすいと言われているのです。
もしも自分が当てはまるようであれば、要注意。いつ高血圧になってもおかしくありません。
日頃から生活に注意をして、高血圧を未然に防いでいく対策をしていきましょう。