MENU

生活習慣を見直して高血圧を改善しよう

高血圧を改善するための方法として、自分の生活習慣を見直すことも大切です。
そこで、今回は高血圧改善に役立つ生活習慣見直しのポイントをご紹介します。

適度な運動を心がける

仕事や家事に追われて、ついつい運動不足に陥っていませんか?特に現代社会では、自動車やバス・電車などが普及しているため、自覚しないまま運動不足になっている人も少なくないのです。

 

適度な運動は、交感神経の働きを低下させるため、血管の拡張を促します。このため、血圧が下がりやすくなるのです。更に、インスリンの活発化や利尿作用の活発化という働きも持つため、これらも血圧低下に役立ってくれるでしょう。

アルコールを飲む量を控えよう

適量であれば、アルコールは血流促進効果を期待できるため、血圧を下げる働きがあると言われています。しかし、過剰に飲み過ぎると話は別です。こうなると、反対に血圧を上昇させてしまうことへと繋がるのです。

 

もちろん、個人差はありますが、アルコールは適量を意識するようにしましょう。一般的な適量は、

 

・ビール…中瓶1本
・日本酒…1合
・焼酎…半合弱

 

以上となります。この範囲を意識して、飲むようにしてみると良いでしょう。

 

また、週に1度はアルコールを全く口にしない日(休肝日)を設けることも大切です。つい毎日のように飲んでいる人は、できるだけ週1日は体を休ませてあげるようにしてください。

喫煙している人は要注意

煙草は人体に様々な悪影響を及ぼします。吸った直後に血圧を急上昇させるだけでなく、動脈硬化の促進や心筋梗塞・脳卒中に繋がることもあるのです。また、メタボリックシンドロームのような生活習慣病とも強い関係性を持っていると言われています。

 

とはいえ、これまで当たり前のように喫煙していた人が突然やめるのは、かえってストレスになるでしょう。少しずつで構いません。本数を減らしていくように意識して、高血圧改善に繋げていくと良いでしょう。